×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  HISTORY

デビューまでのヒストリーです。

1971
    TAKURO(久保琢郎)誕生(5/26)
    TERU(小橋照彦)誕生(6/8)

1972
    HISASHI(外村尚)誕生(2/2)
    JIRO(和山義仁)誕生(10/17)

1974
    TAKUROのお父さんが亡くなる。享年38歳。
     
*TAKUROは大好きな祖母と離れて暮らすことに。
    TAKURO夢遊病になる

1978
    TAKURO、鍛神小学校入学。
    TERU、桔梗小学校入学。
    HISASHI、日吉が丘小学校入学。

1979
    JIRO、鍛神小学校入学。
     *このころJIROの将来の夢は大工さん。
    TAKURO、音楽に興味を持つようになる。
     *小さいときから母のシャンソンを聴いて育った。

1980
    TAKURO夢遊病が治る

1981
    TERU、「北海道絵画コンクール」で銅賞を受賞。
     *絵を描くのが好きだった。
    TERU、野球を始める。
     *小学校の時の将来の夢は野球選手。
    HISASHI、青森県弘前市から北海道函館市に引っ越す。
     *小学校時代は転校の繰り返しだった。

1982
    HISASHI、塾に通い始める。
     *親にほとんど叱られたことがなかったので、塾の先生に叱られて喜ぶ。
       最初は塾もつまらなく、友達もできなかったのでさぼってばかりいたが、
       ある時塾で先生に「心配したぞ」と言われたのをきっかけに馴染むようになる。

1983
    TAKURO、桔梗小学校に転校。
     *TAKUROとTERUは隣のクラスだった。3クラスしかなかったが。
       二人は此処で出逢った。
    TAKUROの身長が160センチを超える。
    HISASHI、父親から自作のスピーカーを貰い、音楽を聴くようになる。

1984
    TAKURO、TERU、桔梗中学校入学。
    HISASHI、函館市北中学校入学。
     *TAKUROはサッカー部、TERUは野球部に入る
    TAKURO、BOφWYの「B-BLUE」を聴いて衝撃を受ける。
    TERU、町内会の「のど自慢大会」で「スニーカーブルース」を歌い3位に。
     *代々小橋家は歌が上手いことで(町内で)有名だった。
    HISASHI、ロック好きな悪い仲間と仲良くなる。
    HISASHIのお父さんが亡くなる

1985
    JIRO、赤川中学校入学。
     *バスケ部に入部するが、最初の球拾いなどがつまらなくその年中に退部
    HISASHI、パンクにハマル。
     *セックス・ピストルズの「勝手にしやがれ」を聴いてバンド結成を決意する。
    TAKURO、ビートルズのテープを700円で購入。
     *TAKUROはジョン・レノンの生き方に共感していた。
    TAKURO、ギターを初めて購入する。
    TERU、TAKUROからファミコンを売って貰う
     *一万円のファミコンを散々遊んだあげく5000円で売ったらしい
    TAKURO、サッカー部を退部
     *試合の前にあったビートルズのラジオが聴きたかったから
    TAKURO、尾崎豊にハマル
    TERU、悪い仲間とつるむようになる。無免許運転を経験。
    HISASHI、宝島を愛読。「TOY」に影響を受け、ギターを購入する。

1986
    TAKUROとTERU、仲良くなる。
    JIRO、バイトで溜めたお金でギターを買う。
    JIRO、友人と「ネクストビート」結成。
    HISASHI、「TO-Y」の影響で、母親にギターを買って貰う。

1987
    TERU、函館商業高校入学。
     *サッカー部にはいるが、半年でやめる。その後軽音部に入るが、すぐに退部。
    TAKURO、HISASHI、函館陵北高校入学。
     *HISASHIは大変成績が良かったらしい。
    TERU、文化祭で聖飢魔Uのコピーバンド「花とゆめ」を結成。
     *もともとは部活の先輩がドラムを探していたので、未経験ながらかってでた。
       その後、一日六時間の猛練習をし、ドラムにハマル。
    TAKURO、コピーバンド「GUEST-APO(ゲシュタポ)」結成。半年後に解散。
    HISASHI、中学時代の友人とバンド結成。
    JIRO、初ライブを経験。


1988 
    TAKURO、TERUと他の仲間を誘ってGLAYを結成。(3月)
     *当時のメンバーは二人の他に、ベースのひとしとドラムの北山(中本?)が居た)
    TERU、姉の結婚式で「ずっと二人で」を歌う。
     *琢郎が照のお姉さんに「美味しいもの食べさせてあげるからなんか歌って」と
      頼まれて、作ったらしい。
    HISASHI、友人とのバンドを「蟻」に改変。
    JIRO、大谷高校入学。
    JIRO、ギターとして「セラヴィ」に加入。
    函館あうん堂でGLAY初ライブ(7/2)

1989
    HISASHI、ギターとしてGLAYに加入。
    JIRO、ベースとして「ピエロ」に加入
    ライブ「AGGRESSIVE ROCK LIVE」に出演(8/27)
    ライブ「ROCK SHOCK GLAY VS 道化師」を行う(10/10)
     *このころからGLAYは函館で人気を獲得していく。

1990
    TAKUROらの卒業式の当日、GLAYわんまんライブ「ふしだらな最後の子守歌」をあうん堂で行う(3/10)
     *観客は170人
    TERUの姉が結婚、「ずっと2人で」の原曲が完成する。
    TAKURO、TERU、上京して凸版印刷に就職。
     *寮生活をしていた
    HISASHI、東京の音楽学校への入学を断念。バイトに励む。
     *ゲームセンター、コンビニ、工場、工事現場など
    TAKROとTERU、会社を退職(7月)
     *TERUは水道工事、TAKUROは埼玉で道路工事やレンタルビデオ店のアルバイトをする
    GLAYとピエロのジョイントライブを行う(8月)
     *TAKURO、JIROに出逢う。TAKUROと語ったJIROはこのとき上京を決意。
    浦和ポテトハウスでライブを行う(8/12)
     *観客はたったの二人だった
    いかすバンド天国に出演。酷評される。(11月)

1991
    新宿ヘッドパワーでライブを行う(8月)
    JIRO、高校卒業、ピエロのメンバーと上京する。
    JIRO、印刷下請け会社に就職。
     *JIROはかなりまじめだったので、このまま続けていたら良いとこまでいけそうだった。
    ピエロ解散。JIROは知人とバンドを組む。

1992
    ワンマンライブを行う。観客40人(1月)
    JIRO、印刷下請け会社を退職。建設現場のアルバイトを始める(1月)
    ドラムとしてAKIRA加入
    ライブハウスでのトラブルで犯人と勘違いされる。
     *TAKURO、このことで函館に帰るといい、TERUに叱咤され思いとどまる。
    シンゴ、TAKUROとの確執で脱退。
    新宿ロフトでライブを行う(8月)
    JIRO加入(10/31)
     *横浜CLUB24でのLIVEにて初参加
    自主制作のテープを販売(10月)
     *「DANCE VISION」「GREATEST SHADOW」「SPEED POP」
      JIROが精力的に売り込みを。
    ライブ「魔女狩りナイト」がスタート(11/21)
     *「牛組」と名乗っていた。

1993
    LIVEにYOSHIKIが訪問、エクスタシーレコードと契約(10/17)
     *その時のLIVE会場は市川CLUBデュオ
    レコーディング開始(12月)

1994 
    デビューシングル「RAIN」を発売し、デビュー(5/25)


検索から来た方はENTERへ。